Linux解説入門 - ゆるふわ・お天気 Bot ☾について。

太陽と月、天気、電気の情報について。

太陽と月と天気の情報は、下記URLを参照し、APIなどから、PHPを使ってデーターを抽出しております。

 Wunderground

 OpenWeatherMap

 おはこん番地は!? API

Web Services by Yahoo! JAPAN

※潮汐は、誤差がある場合がございます。

※新月、満月までの日にちは、誤差がある場合がございます。

参照:OpenWeatherMapを利用して天気情報を取得してみる | RYUS blog

参照:OpenWeatherMap をショートコードにして各地の天気を表示 | RYUS blog

お天気アイコン:http://www.xn--eckzb3bzhw32znfcp1zduw.com/data/weather.php


Twitterへの画像・文章の投稿に、tmhOAuth や、EasyBotterを使わせて頂いております。

参照:http://marunouchi-tech.i-studio.co.jp/2117/

※Twitterへの自動投稿(tmhOAuth)には、Apache 2.0ライセンスで配布されている製作物が含まれています。


ZABBIXで、東京、仙台の太陽、月、天気の情報と、大手電力会社の電力のデーターを保存しております。

参照は、下記リンクからどうぞ。

【ZABBIX - 太陽・月・天気・電気

参照:https://blog.apar.jp/php/824/


※杉林晃治の発表する天気予報について。

気象庁の担当の方に、質問致しまして、回答を頂きました。

メール担当の方、大変お忙しい中、有り難うございました。

他者の発表した天気予報をそのまま、ホームページ、ツイッターなどで公開するのは、合法のようです。

しかし、そのデータを改変や加工すると、予報業務許可が必要になるそうです。

従って、私の発表する天気予報を、全て、Wunderground社の天気予報ということにします。

単位の変換は、データの改変、加工というよりも、そのまま発表と言うことでしょうから、問題ないと思います(おそらく)。

今後は、この路線で行きます。

そして、「現在の天気」を発表するのは、予報業務の許可は必要ないとのことです。

不快指数による、肌に感じる感覚のデータは下記リンク先を参照しました。(只今、非表示です。)

生活や実務に役立つ高精度計算サイト「keisan」

雨雲地図の画像情報は、Yahoo! デベロッパーネットワークのAPIから入手しております。

Web Services by Yahoo! JAPAN


※台風が日本に近づいてきた場合の、自動ツイートの4つの運用形態について。

自然のデータを扱っているために、私自身が体調を崩す場合があります。そのために、あらかじめ、3つの形態を決めておきました。

これらのモードは、私自身が設定します。

  1. フルモード(天気が晴れの場合や、気分が乗っている(笑)時に、このモードになります。)
  2. 通常モード(台風が日本に上陸していない場合、または、台風が温帯低気圧、熱帯低気圧になった場合など、通常の時にこのモードになります。)
  3. 注意モード(台風が日本に上陸した場合にこのモードになります。)
  4. 警戒モード(台風が関東に上陸した場合にこのモードになります。)

※災害時には、ゆるふわ・お天気 Bot ☾の情報を参照しないで下さい。

※もし、ゆるふわ・お天気 Bot ☾によって、ユーザーが如何なる損害を被っても、作者の杉林晃治は免責とさせて頂きます。

※大手電力会社の情報は、各電力会社から発表されております、CSVファイルから、データを読み込んで、ツイッターなどで発表しております。

※各電力会社へのお問い合わせは、ご遠慮下さい。

※当サービスは、無保証です。突然自動ツイートにエラーが出たり、自動ツイート自体を止める場合があります。その際には、ご了承下さい。

※ゆるふわ・お天気 Bot ☾は、杉林晃治の趣味のため、徳積みのために行なっております。私は皇室関係者、政治関係者、芸能人関係者ではありません。ごく普通の、一般人です。

※祝日判定に、Google Calendar APIを利用させて頂いております。


※最後に、この、ゆるふわ・お天気 Bot ☾は、皆さんの御蔭様で出来上がっている物です。このBotに関わって頂いている皆々様に御礼を申し上げます。皆々様、有り難うございました!

※ソースのダウンロードは、下に記されている、Octocat(Monalisa)からどうぞ!

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:8 平均点:10.00
カテゴリートップ
VPS
次
自宅サーバーと、VPSについて。